親愛的網友:
為確保您享有最佳的瀏覽體驗,建議您提升您的 IE 瀏覽器至最新版本,感謝您的配合。

作者文章列表

TAIPEI

《TAIPEI》英日文季刊每逢3、6、9、12月出刊,主要結合本府各局處推動政策,為旅居本市的外籍人士及前來本市的外籍觀光客提供有關臺北觀光旅遊、歷史文化、風土民情、社經發展等報導,是外籍朋友認識臺北市的窗口。
最新文章
最多瀏覽
最多分享
共發表 80 篇文章
2018/12/10 11:18:54

With a Thousand Years of Wisdom – Chinese Medicinal Herbs Turn Over a New Leaf

Dihua Street (迪化街) is pungently aromatic. The section heading north from Taipei Xia-Hai City God Temple (台北霞海城隍廟) to Mingshen West Road is called Dihua South Street, and is known for the soothing scents of Chinese medicinal herbs that linger in the air. Back in the Japanese era, the Dihua Street nei
38
0
2018/12/10 11:18:54

An Exquisite World in Fabric and Embroidery – Fine Handcrafts Carry on the Glory of the Past

In the 19th century, Dadaocheng pier became a hub for goods from different places. The “Public Yongleding Foodstuff Market,” which later became Yongle Market (永樂市場), was set up in this neighborhood by the Japanese. Back then, in addition to the staples of trade, ships also brought in fabrics such as
98
0
2018/12/10 11:18:54

Dadaocheng in the Eyes of Günter Whittome: A “Must-Visit” Tour Recommendation

Günter Whittome came to Taiwan, which he now calls home, from Germany, and came to Germany as a tot, just 5 years old, via England. His father is English, his mother German. The family packed their bags and headed to Germany when his mother found she could no longer tolerate the often gloomy weather of northwest England.
34
0
2018/12/10 11:18:53

Enjoy Trendy Exotic Vegetarian Cuisine

The famous chef, Joël Robuchon said in a 2014 interview that: “The trend in cuisine over the next decade will lead into the vegetarian world!” Following this global movement, new veggie restaurants have been popping up in Taipei every couple of months. And when these places design their menus, they
37
0
2018/12/10 11:18:53

Herban Kitchen & Bar: A Western Vegetarian Oasis in Taipei

Vegetarian food is everywhere in Taipei, but western-style vegetarian fare (let alone gourmet quality) is a bit harder to come by. So we headed to Herban Kitchen & Bar (二本餐廳) for a meal and a chat with owner Marco Henry Lapka about vegetarianism, veganism, and the pros and cons of Taiwan’s meat-free dining scene.
26
0
2018/12/10 11:18:52

Dadaocheng: Reminiscences of Beginnings – An Interview With Entertainer, Otani Mondo

One Friday afternoon, Otani Mondo showed up bearing a casual look. No agent or assistant accompanied him and he looked handsome in a simple white T-shirt, a pair of ripped jeans and black leather boots. From years of exercise, his strong, fit body is his best “outfit.” From top athlete to highly-pop
7
0
2018/12/10 11:18:52

生薬・薬草に宿る千年の智慧─古の香りに新たな歴史の一頁

大稲埕の迪化街は「香り」のある問屋街です。台北霞海域隍廟から北の民生西路にかけての通りは迪化街でも「南街」と呼ばれ、心が落ち着く漢方の生薬の香りが漂っています。迪化街一帯は日本統治時代にはすでに台北の代表的な生薬の問屋街となっていました。同じく大稲埕の民楽街は多くの薬草店が集まっていることから青草巷と呼ばれ、薬草のさわやかな香りを漂わせています。
13
0
2018/12/10 11:18:52

布と刺繍が織りなす美しさ─往年の輝き受け継ぐ精緻な手作り品

19世紀初頭、各地から物資が集まった大稲埕埠頭の近くに日本人が開設した「公設永楽町食料品小売市場」。現在の永楽市場の前身です。当時、日用品だけでなく、シルクやプリント生地など、各国から船で輸入された様々な布地がここへ運ばれました。埠頭からほど近い永楽町には輸入生地を扱う店が現れ、この地は台湾北部から商品が集中する卸売・小売市場となっていったのです。
18
0
2018/12/10 11:18:51

ギュンター・ウィットームの大稲埕─ 訪れるべき5つのおすすめスポット

今と昔が力強く混ざり合い、活気を取り戻した歴史ある大稲埕。ある日の午後、台北に暮らすギュンター・ウィットーム(Günter Whittome)さんとこの町を探索しました。ドイツと英国にルーツを持つギュンターさんは旅行ガイドブックの著者であり熱心な歴史研究家、また評判の高い翻訳会社のオーナーでもあります。
9
0
2018/12/10 11:18:51

ベジ料理で楽しむ異国の味わい─最先端の菜食レストラン続々

2018年8月にこの世を去ったフランス料理界の巨匠、ジョエル・ロブション(Joël Robuchon)氏は2014年のインタビューで「ベジタリアン料理が今後10年のトレンドになる」と語りました。ロブション氏が予言したトレンドの勢いはすさまじく、台北ではここ数年、1~2カ月に1店のペースで新たなベジタリアンレストランがオープンしています。ベジタリアンレストランは食材本来の味わいや料理にまつわるストーリーを伝えるだけでなく、料理そのものが十分においしく、きめ細かいか、店のデザインが独特かなど、消費者が重視するあらゆる点で個性を確立する必要があります。
13
0
2018/12/10 11:18:50

二本餐庁─洋風ベジタリアンのオアシス

台北にはベジタリアン料理の店があちこちにありますが、欧米スタイルの洋風ベジタリアン(しかも美味しい)料理を見つけるのは少し難しいかも知れません。そこで「二本餐庁(Herban Kitchen & Bar)」で、オーナーのマルコ・ヘンリー・ラプカ(Marco Henry Lapka)さんにベジタリアニズム(菜食主義)やヴィーガニズム(完全菜食主義)、台湾の素食(ベジタリアン)料理について食事をしながら伺いました。
13
0
2018/12/10 11:18:49

初心に返り夢見るところ─ タレント・夢多が語る大稲埕

ある金曜の午後、軽やかに表れた夢多。付き添いのマネージャーやアシスタントの姿もなく、シンプルな白のTシャツにダメージジーンズ、黒のレザーブーツでクールにまとめたファッションは、日頃から鍛えている身体にはとても似合っています。トップレベルのアスリートから人気タレントへ―夢多が歩んだ10年は苦労もあったけれど輝いています。次々と目標を実現してきた人生は、常に前を向いて勝ちに行く精神に支えられています。
14
0
2018/09/07 14:24:12

CHEF AH CHI – BEITOU MARKET IS A TRAINING GROUND FOR CHEFS

Early one morning, Chef Ah Chi went shopping at Beitou Market. He tried to keep a low profile, but many people still recognized him. He smiled and said “Hi” to them, and when he started to worry that the crowd around him was getting so big it might affect the vendor’s business, he thoughtfully picked up produce and helped to sell it. Gestures such as this, and his cooking skills, of course, have made him one of the most popular chefs in Taiwan!
32
0
2018/09/07 14:24:11

阿基師─ 北投市場は名料理人の道場

朝もずいぶん早い時刻、「阿基師」が北投中央市場でお買い物。目立たないよう気をつけてはいたものの、やっぱりお母さんたちに気付かれ、笑顔を浮かべ親しげにあいさつを交わします。人がたくさん集まって来て店に迷惑がかかると心配し、慣れた手付きで野菜を掲げ、売り子として商売をお手伝い。全ては誰かのため、料理人である前に一人前の人間であること、それこそ阿基師が「国民的料理人」の一人として人気を集める理由にほかなりません。
101
0
2018/09/07 14:24:10

Titan Visits Xinfu Market – Seeking Authentic Taiwanese Flavors

Instead of a typical chef’s apron, Titan wears a colorful T shirt and a pair of sneakers, and with his swarthy complexion, he is the picture of a young man bursting with energy. If you didn’t know him from TV, you’d never think that this thirty-something man has over 10 years of culinary experience, including working for famous hotels, teaching cooking courses, and publishing several books.
29
0
2018/09/07 14:24:09

張秋永─本物の台湾の味を求めて新富市場へ

調理服を着る前の張秋永は、スニーカーを履いて派手なデザインのTシャツを身に付け、肌は生まれつきの色黒、まさに活力みなぎる若者です。テレビ画面を通じて見なければ、30歳過ぎにもかかわらず既に10年以上のキャリアを持ち、数多くの有名ホテルのコックや料理学校の講師を務め、さらに何冊もの本を著した名料理人だとは想像もできないでしょう。
44
0
2018/09/07 14:24:09

Enjoy the Cool Fall Air Along Mountain Paths Taipei Hiking Trails

Living in the urban jungle and working hard everyday? Why not take a walk into nature and relax body and soul now that Fall is coming? Visit a hiking trail in suburban Taipei! The metropolitan area has an abundance of mountain ranges with endless trails. Taipei’s convenient transportation network will get you anywhere, and “Come enjoy a peaceful corner of our city, away from the hustle and bustle” will not just seem like a real estate pitch, but more like a dream come true.
29
0
2018/09/07 14:24:08

さわやかな秋を満喫しよう 台北親山歩道

都会のコンクリートジャングルに暮らし、仕事で走り回る毎日。ようやく訪れたさわやかな秋には、自然にふれ心身をリフレッシュしてはいかがでしょうか。台北市には自然に囲まれた山の風景が豊富にあります。その中を縫うように連綿と続く親山歩道は、市内を網羅する交通機関と組み合わせれば、簡単にたどり着けます。「街からすぐながら喧騒を離れる」という言葉はもはやマンションの宣伝文句だけのものではなく、自然の中で健康的に体を動かすことができるのです。
40
0
2018/09/07 14:24:08

A Peaceful Heaven Hidden Behind Six Boulders – Xiangshan Hiking Trail

When one mentions Taipei 101, the landmark of the city, the nearby Xiangshan Hiking Trail is often the next thing that comes to mind. With an advantageous location, gorgeous night views, and a reputation rapidly being spread by word-of-mouth, this is the Hollywood Star of hiking trails!
34
0
2018/09/07 14:24:07

喧騒を離れ六巨石を尋ねる 象山親山歩道

象山親山歩道は、台北市のランドマーク、台北101ビルにほど近いという地理条件と、口コミで広がった夜景の素晴らしさから、ハイキングコース界のハリウッドスターとも言うべき存在となっています。
30
0
Top