快訊

「重機界法拉利」和轉彎車對撞!車頭撞爛淪廢鐵 騎士噴飛送醫不治

Live/美技化解兄弟滿壘!巨人2:0領先 現場直播看這裡

蘇丹紅辣椒粉風暴擴大!高雄3.4萬公斤流入7縣市 同家族3業者遭搜索

国定「萬山岩雕」考古遺跡群 山奥の神秘的なトーテム

グバツァエ
グバツァエ

【◎文/王亭云 ◎翻訳/有田夏子 ◎撮影/Carter ◎写真提供/高雄市政府文化局】

 国定「萬山岩彫」考古遺跡群は、岩の表面に不思議な模様が彫刻された遺跡であり、先史時代の住民による原始的な芸術作品である。現在、台湾の他の地域では、これに類似した遺跡は発見されていない。「萬山岩雕」は高雄市茂林区のかつてルカイ族の古い集落が存在した原始林の中にあり、ここへ辿り着くには山中を4日ほど歩く必要がある。ルカイ族に伝わる「蛇を食べた女」の伝説は、この岩雕り遺跡に神秘的な色彩を与え、人々の興味をかきたててやまない。

 その伝説は、このような物語である。昔々、ルカイ族の住む萬山に他の部族から嫁入りした女性が、その地に生息する百歩蛇を食べた。だが、百歩蛇を一族を守る祖霊として深く信仰する萬山の人々は、女性を一族から追い出した。彼女は夫と大きな岩の前で会う約束をした。女性は夫を待ちながら、その岩に指で絵を描いたという。この物語の舞台は、「萬山岩雕」を構成する岩彫遺跡の一つである「グバツァエ(Gubatsaeh)」がある場所だ。

 1978年、屏東師範学校(当時)の教員を務めていた高業栄教授は、萬山に暮らす原住民による案内のもと、第1号遺跡「グバツァエ(Gubatsaeh)」と第2号遺跡「ツブリリ(Tsubulili)」を発見した。1984年には、第3号遺跡「サナギナエ(Sanaginaeh)」、2002年には第4号遺跡「タカルラヴォエ(Dakarau)」が発見された。台湾文化部は、2008年にこれら4カ所に集まる14の遺跡を国定「萬山岩彫」考古遺跡群として正式に登録した。

 「グバツァエ(Gubatsaeh)」とは、萬山の言葉で「模様のある石」を意味する。その名のとおり、岩彫遺跡の中でも最も装飾豊かな遺跡で、人の姿やサークル状の模様が描かれている。

 これらの遺跡を守るため、高雄市文化局は2021年、住民による見守り隊を形成し、乾季に山中を巡回するなど住民と共同で遺跡の管理を行っている。見守り隊のリーダーを務める曽銘輝さんは、若い世代の故郷に対する愛着を育てるため、集落の若者たちにも萬山の遺跡を共に守るように呼びかけている。

もっと読む…(Love Kaohsiung 愛・高雄 英日版トップページへ)

延伸閱讀

考古人員疑徒手觸摸兵馬俑網民質疑「不專業破壞文物」館方回應

砸1.14億!瑞三整煤廠文史遺跡活化 2026年再現礦業勝景

Rivian總裁認為內燃機汽車將成為遺跡!未來怪咖才買油車?

飛越1萬公里!加拿大遊客來信道歉 歸還16年前帶走的玄武岩塊

相關新聞

Discover the Duona Tribe in Maolin

 In the winter months, captivating clouds and mist drape the lush mountains, creating a picturesque and uniquely charming backdrop for the Duona(多納部落)village. Tucked away within this enchanting scenery is the renowned "Yi Shan Mu Coffee House(一山沐咖啡屋). Here, visitors can indulge in a pour-over coffee, savoring the rich aroma and the cultural ambiance of the Duona tribe.

Positive Thoughts Teahouse: Practicing Tea Rituals with Zen Spirit

 When Positive Thoughts Teahouse (正思惟齋製茶) was established in a double-level corrugated metal building in an alley near the back of Kaohsiung Main Station, a previously abandoned house was transformed into an example of Japanese Zen-style architecture set against the backdrop of a bustling city. The

THOMAS CHIEN Restaurant: A Michelin Green Star Pioneer

 Established in 2012 by Master Jian Tian-cai(簡天才), THOMAS CHIEN boasts a rich history. The Kaohsiung-based French restaurant delights patrons with unique French cuisine crafted from locally sourced ingredients. For two consecutive years, Green Dining Guide has honored it with the "BUSINESS OF THE YEAR" award(年度最佳永續營運獎), and in 2023, Taiwan Michelin Guide proudly awarded the restaurant with the prestigious "Michelin Green Star"(台灣米其林指南2023─米其林綠星).

Ride the Light Rail into Kaohsiung's Green Fantasy

 On the Kaohsiung Light Rail Transit (LRT), you can roam across the city between early morning and late evening. If the beauty of the line's Totoro Tunnel has captivated you, then come and be one of the first to see the recently unveiled Green Giant Tunnel.

Beloved Yellow Rubber Duck Returns to Kaohsiung

The yellow Rubber Duck is back! To welcome the duck on its long-awaited return, Kaohsiung City Government has created the “I Love Kaohsiung Duck(我就愛高雄ㄚ)” Facebook group. In less than a month, it has attracted nearly 20,000 fans, with netizens sharing photos of themselves with the duck from ten years ago, reliving joyful moments of the past.

茂林の山林で 多納村の文化に触れる

 冬の季節、茂林の山々は霧に包まれ、絵に描かれたように美しい。このたび、独自の文化が息づく多納村で、ひそかに人気のコーヒーショップ「一山沐珈琲屋」を訪れた。ドリップコーヒーの香りに包まれながら、多納村の文化に囲まれていると、真冬の風も温かく感じられるから不思議である。

商品推薦

udn討論區

0 則留言
規範
  • 張貼文章或下標籤,不得有違法或侵害他人權益之言論,違者應自負法律責任。
  • 對於明知不實或過度情緒謾罵之言論,經網友檢舉或本網站發現,聯合新聞網有權逕予刪除文章、停權或解除會員資格。不同意上述規範者,請勿張貼文章。
  • 對於無意義、與本文無關、明知不實、謾罵之標籤,聯合新聞網有權逕予刪除標籤、停權或解除會員資格。不同意上述規範者,請勿下標籤。
  • 凡「暱稱」涉及謾罵、髒話穢言、侵害他人權利,聯合新聞網有權逕予刪除發言文章、停權或解除會員資格。不同意上述規範者,請勿張貼文章。