親愛的網友:
為確保您享有最佳的瀏覽體驗,建議您提升您的 IE 瀏覽器至最新版本,感謝您的配合。
臺北畫刊
TAIPEI
文化臺中
KH Style
KH Style 高雄款
新北市藝遊
臺中新聞

黨內中生代群起反對吳敦義?馬英九緩頰

挺邁肉粽店遭韓粉刷負評 陳其邁親赴店面籲勿分藍綠

最高のカーレース体験

2018-08-08 11:24KH Style

分享
【◎文╱朱英韶 ◎訳╱新垣李加子】

 高雄にはカーレース場が三か所ある。ども休日のレジャこーにおすすめの場所だ。運営者は利用客に対し、カーレースを安全に楽しむために、安全規定に従うよう呼びかけている。

※ 高雄TKS賽車場

  多種多様なコース

 高雄メトロの青埔駅を出ると、台糖花卉農園センターにある高雄賽車場が見える。ここは高雄最大のサーキットである。幅八~十メートル・長さ千五十メートルのアスファルトのコースがあって、百五十メートルの直線で加速して走り抜ければ、味わったことのない爽快感を感じられるだろう。

 TKSのサーキットには十二種類あり、不定期で変わるので、来場客は毎回新鮮さを感じられる。レーシングカーには、二人用や子供用のほか、時速百キロのスピードを出せるものもある。また、ここではモーターサイクルのレースも行われる。さらに、自分のレーシングカーを保管して、練習したい時に出すためにサーキットのそばに置いておくことも可能だ。

※ 鈴鹿賽道樂園

  サーキットを見渡しレース観戦

 大魯閣草衙道のミニ鈴鹿サーキットは、日本の鈴鹿サーキットから独自に認可を受けている。車道の全長は六百メートル、本家の十分の一の縮小版で、カーレースファンが必ず訪れる場所だ。ここに来るレーサー達は皆、8の字型の「立体交差トンネル」に夢中になる。見える光が一瞬で変化するので、ドライバーの反応力を測ることができるのだ。

 鈴鹿賽道樂園で導入されているBirelレーシングカーは、シートベルトが装備され、座席は高めにしてあり、車がひっくり返ってドライバーが大きな怪我をするのを防いでいる。車の騒音と排気ガスは少なくなっており、また各車にマイコンを設置し、競技場内のカメラとリモコン機能によって、いつでも状況が分かるようになっている。フェンスはTECPRO製でF1と同じクラスのものを使用しているので、安心して運転することができる。馮園長は、カーレースに欠かせない装備として次のものを挙げている。「基本装備であるフェイスマスクとグローブの他に、高価なヘルメット、専用のレーシングシューズの貸し出しも行っております。これらを身につければ、安全でプロのように見えますよ」

 「この席からはレースを観戦でき、写真も撮れるんです」初めて来園した朱さんは、サーキットを見渡すことができる観覧席がお気に入りだ。そこでは、親切にも無料のカフェも付設されている。高台でコーヒーを飲みながらのレース観戦。普段の生活とは違った刺激的な時間を過ごせるはずだ。

※ GOPARK卡丁樂園 

  空調の効いた室内でカーレースを楽しもう

 「一番のメリットは、あまり汗をかかないことですね。それに、雨の日でも開いていますし」そう話す許さんと同じように、屋外で風に吹かれたり、日に焼けることが好きでなければ、凱旋駅夢時代のGoParkがおすすめだ。ここでは、空調の効いた快適な室内でレーシングカーに乗ることができる。GoParkではフランス製の電動レーシングカーを使用している。静音の上に環境にやさしく、シートベルトとヘッドライト、衝突被害軽減システムも搭載している。また、サーキットには衝撃を吸収するスプリングのフェンスを採用しているので安全である。

 GoParkのレーシングカーは、ドライバーに優しい作りになっている。万が一車体が進まなくなっても、後退して抜け出せるようになっている。また、座席とペダルの調整ができ、快適に運転を続けることができる。より刺激を求めるなら、「ワンタッチ加速機能」を使えば、背中が椅子にぴったりくっ付いて離れない感覚を味わうことができる。

 カーレース以外の設備や近くの施設も充実している。TKS園内にはバーベキュー設備や子供が遊べる迷路があり、五分ほど車に乗って橋頭糖廠まで行くことも、ピクニックをしたりかき氷を食べたりもできる。鈴鹿サーキット場の近くには、他の娯楽施設や大魯閣野球場、ショッピングセンターもある。GOPARK卡丁遊園地内の「147槍戦」も人気のアトラクションだ。

※ 高雄TKS賽車場 https://www.facebook.com/TKSGOKART/

※ 鈴鹿賽道樂園 http://www.suzukacircuitpark.com/About

※ GOPARK卡丁樂園 http://www.gopark.com.tw/

KH Style

KH Style KH Style, Kaohsiung City Government's bimonthly English magazine, introduces the city's major public construction projects, economic development, tourism information, art exhibitions, agricultural products and diverse cuisines. As the City of Kaohsiung continually evolves, KH Style hopes to introduce the prevailing topics and ideas in town. When visiting Kaohsiung, travelers will meet lavish hospitality, the core essence of Kaohsiung and enticing them to come back.

熱門文章

習大為何對美大讓步 還拿華為公主當祭品

2018-12-12 15:30

台南房價走高成交率縮 慘居六都之末

2018-12-11 09:16

只能先跟錢包說聲抱歉了 台中港三井 OUTLET一天真的不夠用

2018-12-13 09:00

裕隆的變與不變

2018-12-13 12:57

詹婷怡兩年半政績 遭批荒腔走板

2018-12-14 13:13

吳朱各有盤算搶大位 馬王掌關鍵影響力

2018-12-12 15:32

還沒進市議會就轟動 網紅呱吉為何能將知名度化選票?

2018-12-13 11:01

圍城中的小英 只能等待2020的政治海嘯?

2018-12-12 15:34

商品推薦

贊助廣告

商品推薦

留言


Top