次世代のお茶屋「Wangtea Lab」

【文/Adam Hopkins】

【編集/下山敬之】

【写真/鄧毅駿、潘俊霖】

世界中で愛されているお茶は例に漏れず台北でも人気の飲み物。しかし、どちらかといえば年配の人が飲む印象が強く、若い世代にはコーヒーやタピオカミルクティー、地ビールの方が人気です。伝統を貫くお茶屋さんも時代や顧客ニーズの変化に合わせて変化を求められています。

また、昨今はインフルエンサーがブームの発祥となっていることから、飲み物も味だけでなく見栄えが重視されるようになりました。そんな中、大稲埕には130年以上に渡る伝統を守りながら、若者からの人気を得ることに成功したお茶屋さんがあります。

それが、1890年に創業した有記名茶(ヨウジーミンチャー)。このお店は観光地として有名な迪化街(ディーホァジエ)と寧夏夜市(ニンシャーイェシー)の中間に位置する重慶北路(チョンチンベイルー)にあり、そのスタイリッシュさで現代のお茶業界に新たなページを刻みました。

Wangtea Labは伝統的なお茶文化にモダンな環境を組み合わせた革新的な空間となっています。
Wangtea Labは伝統的なお茶文化にモダンな環境を組み合わせた革新的な空間となっています。

お茶の楽しみ方を一新

有記名茶のオーナーである王聖鈞(ワンションジュン)さんが立ち上げた新ブランドWangtea Labは、お茶屋さんというよりもオシャレなバーを思わせるお店です。場所は有記名茶の製茶工場とお茶博物館に隣接していて、モダンなスペースでスパークリングティーや茶ビールといった斬新なメニューが楽しめます。

従来のお茶屋さんとは一線を画すWangtea Labのスタイルとアプローチは、急速に変わりつつある台北のお茶文化に対応したものと言えるでしょう。「若い世代もお茶は飲みますが、伝統的な飲み方はしませんね」と王さんは話します。

「若い人たちはタピオカの方が好きで、わざわざお茶屋で自らお茶を淹れる人はあまり見かけません。それこそが私たちにとってのニッチ市場でした」そうした背景からお茶屋としての伝統と流行りのタピオカの中間にあるものを追求したそうです。

そういった想いから生まれたWangtea Labは台湾にはなかった製法でスパークリングティーを提供しています。

また、このように市場のニーズをうまく衝いた経営をしつつ、父親との夢でもあった家族で運営するお茶屋のオープンも実現させました。

革新的な一家の歴史

「父はもともと伝統的なお茶屋を開きたがっていましたが、実現することができず、私に好きなようにやるようにと経営を委ねました」そう語る王さんの壮大なプロジェクトはここから始まりました。「私が考えていることを家族がすべて理解しているわけではありませんが、それでもずっとサポートしてくれています。父は新しい考え方にとてもオープンな人なので、新しいお茶を作ったらまず父に意見を求めます」

メニューは王さんがおすすめするお茶ばかりで、さらに茶葉の種類や焙煎の度合いなどの情報を記載するといった革新的な試みもされています。

有記名茶の五代目となる王聖鈞さんは、自らが作り上げた新しいお茶を楽しむ空間で達成したいことや願いを共有してくれました。
有記名茶の五代目となる王聖鈞さんは、自らが作り上げた新しいお茶を楽しむ空間で達成したいことや願いを共有してくれました。

特に試してほしいお茶については「他では味わえないドラフトティーですね。それに様々なお茶のブレンドもおすすめです。他のお店では提供していませんが、私たちは、2、3種類のお茶をブレンドして新たなフレーバーを創り上げています」と話します。

また、チェーン店との差別化として糖分やタピオカが入ったお茶は提供していませんが、唯一ミルクティーだけはメニューに加えられています。「本当はミルクティーも避けたかったのですが、台北では人気が高いので外せませんでした」と理由を述べています。

Wangtea Labの打ち出す新たなコンセプト

革新的なアイディアとクリエイティブに富んだフレーバーが魅力のWangtea Labですが、商品開発については次のように語っています。「大学時代から家業に携わっていたので、ブレンドの作り方や基本については理解をしていました。あとはとにかく試行錯誤を続けてここまでたどり着きました」

スパークリングティーも実験を繰り返したメニューの一つだそうで「とにかく色々試しました。炭酸は香りを消してしまうので、フローラルやフルーティな香りの強いお茶を使う必要がありました。また、炭酸より窒素ガスを使う方が、味が滑らかになることもわかりました」と王さんは言います。

Wangtea Labでは様々な茶葉を提供しているので、発酵や乾燥の度合いが異なるお茶を味わえます。
Wangtea Labでは様々な茶葉を提供しているので、発酵や乾燥の度合いが異なるお茶を味わえます。

Wangtea Labのドラフトティーはまさにオリジナルで、このお茶が楽しめるのは台北の中でもここだけ。また、淹れ方のもこだわり、多くのお店が従来のティーポットや蓋杯または蓋碗と呼ばれる蓋つきの茶器を使用する中でハンドドリップを採用しました。「中には茶葉を砕かないホールリーフで淹れるシリーズもあります。その方が香り高く、私としては味も良くなると感じています」

加えて王さんは、「もっとたくさんの人々に台湾茶の文化を知っていただきたいので、メニューを通じて発酵や焙煎などお茶の知識を得られるようにしたり、製茶工場の一般開放もしています」と話しています。

また、お店の魅力をお客さんに伝えるために他のビジネスモデルを参考しているそうです。「様々なビジネスをリサーチして、勉強や友達とのおしゃべりのためにカフェに行くのはなぜか、なぜお茶屋には行かないのか、私がカフェから学べるものは何かなどを学んでいます。台北にはとても人気のあるDraft Landというカクテルブランドがありますが、種類が豊富なのにも関わらずこれらを簡単に提供しています。労力を減らして作業を簡略化しているのです」。

またWangtea Labでは他の飲料メーカーとも提携し、さらに革新的なお茶を作り出しています。昨年は台湾のブリュワリー・金色三麥がWangtea Labのお茶を使用した「包種茶」ビールをコンビニで発売しました。その際に、王さんはブリュワリーに対してWangtea Lab用にカスタマイズしたフレーバーの開発を依頼し、コンビニで販売しているものよりも香りの強い商品を生みだしました。

生ビールのように泡立つお茶はWangtea Labの中でも特徴的な商品の一つです。
生ビールのように泡立つお茶はWangtea Labの中でも特徴的な商品の一つです。

お茶の可能性を追求

今のところ、Wangtea Labはお茶に詳しい方、そうでない方双方から良好な評判を得ています。「あまりにも他とは異なるやり方をしているので、お茶業界からも注目を集めていますね。それに、普段はカフェに行くというお客様にも興味を持っていただいています」王さんいわく、この新しい店は最新のインテリアデザインも注目を集めている要因なのだとか。

店内に一歩足を踏み入れると、まず目に留まるのが中央にあるモダンなデザインのバーカウンターと天井から吊られた竹製のランタン。この時点でお客さんは一般的なお茶屋ではないと気づくそうです。

Wangtea Labの内装はレトロなレンガ建築の壁が残っているだけだなく、自然光が入る明るい空間設計となっています。
Wangtea Labの内装はレトロなレンガ建築の壁が残っているだけだなく、自然光が入る明るい空間設計となっています。

その一方で、有記名茶は歴史あるブランドでもあるので、以前から知っていた人たちも新しいWangtea Labのビジネスに興味を示しているそうです。これはお茶業界にとっても新たな動きと言えるでしょう。

王さんは今後の展望についてこう述べています。「今は新しいことをしているので、まず事業全体を安定化させる必要があります。その上で、ドラフトやハンドドリップに新たなフレーバーを加えたり、異なる場所でのブランド展開を考えたいと思っています。たとえばドラフトシリーズやハンドドリップシリーズだけを扱うお店とかですね」。

Wangtea Labは馴染みがあるようで、どこか新しさがあり、伝統的でありながら他とは違った味わいが楽しめるお店です。これまでとは違う台湾茶を体験したいという方はぜひ足を運んでみてください。

Wangtea Lab

大同区重慶北路二段64巷24号

12:00~21:00(月曜-土曜) | 10:00~19:00 (日曜)

火曜定休

相關新聞

LPレコード転写技師という仕事

デジタル技術が普及し、ストリーミングによる音楽視聴が当たり前になった現代人にとって、蓄音機でLPレコードを再生していた時代は想像がしにくいことでしょう。ここ台北にはLPレコードの普及と転写に生涯を捧げている人物がいます。それがMRT明徳駅近くにある「古殿楽藏」の創設者である王信凱(ワン‧シンカイ)氏です。

Sound Tripping: The Life of a Vinyl Record Transcriptionist

Unbeknownst to many, shellac records existed long before vinyl records. “Actually, shellac was sort of the ‘father’ of vinyl,” Wang tells us. “The technology was just beginning to develop at the time, right around the era of the gramophone during the late 1890s to the mid-1900s.” So, what’s the difference? “When shellac records were born, one song could only be pressed on one record. But due to its material, it was very fragile and could be damaged if played too many times,” Wang shares.

Soothing the Summer Heat with Herbal Dietary Therapies

During the sweltering summer days in Taipei, the hot sun and stuffy air can make one feel restless. In addition to gorging on iced drinks and escaping to air-conditioned rooms to get out of the heat, you can also use herbal dietary therapies to get rid of the humidity and heat in your body, bringing about a sense of calming coolness from the inside out.

夏の暑さを和らげる薬膳療法

うだるように暑い台湾の夏は、ついつい冷たい飲み物をがぶ飲みしてしまったり、クーラーの効いた部屋に閉じこもってしまいがちです。しかし、漢方を使った食事療法を実践すると、体内の水分や熱を取り除き、内側から心地よい涼感を作り出してくれます。

クールなリノベーション: 台北で探す古い建築物

台北の夏は照りつける日差しが厳しく、外を出歩くには不向きな環境です。このような季節は一休みできる涼しい空間が適しています。台北ではここ数年、日本統治時代の古い建物が盛んにリノベーションされています。台北は歴史や文化を学べるだけでなく台湾の変遷を象徴する場所へと変化しているのです。特に注目してほしいのは、今回紹介する「台北記憶倉庫」、「国家撮影文化中心台北館」、台北北警察署が再建した「台湾新文化運動記念館」の3か所。台北の中心部に位置するこれらのスポットは1913年から1937年の間に建てられたもので、いずれも歴史的建造物の鑑賞や無料の展示エリアを見学できるほか、併設されているカフェで一息つくこともできます。

Find Yourself in a Cool Place: Renovated Old Buildings in Taipei

As summer comes to Taipei, you might find yourself trudging down a hot sidewalk, the bright sun in your eyes and sweat on your brow — and face mask, if the COVID-19 pandemic continues. On sizzling subtropical days like this, cool indoor spaces where you can take a breath and find some shade are most welcome.

商品推薦

udn討論區

0 則留言
規範
  • 張貼文章或下標籤,不得有違法或侵害他人權益之言論,違者應自負法律責任。
  • 對於明知不實或過度情緒謾罵之言論,經網友檢舉或本網站發現,聯合新聞網有權逕予刪除文章、停權或解除會員資格。不同意上述規範者,請勿張貼文章。
  • 對於無意義、與本文無關、明知不實、謾罵之標籤,聯合新聞網有權逕予刪除標籤、停權或解除會員資格。不同意上述規範者,請勿下標籤。
  • 凡「暱稱」涉及謾罵、髒話穢言、侵害他人權利,聯合新聞網有權逕予刪除發言文章、停權或解除會員資格。不同意上述規範者,請勿張貼文章。