親愛的網友:
為確保您享有最佳的瀏覽體驗,建議您提升您的 IE 瀏覽器至最新版本,感謝您的配合。
臺北畫刊
TAIPEI
文化臺中
Takao樂高雄
Love Kaohsiung
新北市藝遊
臺中新聞

日職/王柏融第4打席出局 火腿8:3領先龍頭樂天

國民黨初選改採全民調 王金平:相當不公平

初心に返り夢見るところ─ タレント・夢多が語る大稲埕

2018-12-10 11:18TAIPEI

分享

文/江欣盈 写真/楊佳穎、林俊耀

ある金曜の午後、軽やかに表れた夢多。付き添いのマネージャーやアシスタントの姿もなく、シンプルな白のTシャツにダメージジーンズ、黒のレザーブーツでクールにまとめたファッションは、日頃から鍛えている身体にはとても似合っています。トップレベルのアスリートから人気タレントへ―夢多が歩んだ10年は苦労もあったけれど輝いています。次々と目標を実現してきた人生は、常に前を向いて勝ちに行く精神に支えられています。

分享

夢多がタレントとして大きく飛躍した2014年。テレビのバラエティー番組やドラマへの出演のほか、旧正月の大作映画『大稲埕』で日本の警察官を演じました。淡水港が開港した1860年から第二次世界大戦の終結まで、大稲埕をめぐる繁栄の物語は尽きません。この映画の主人公は時を超えて1920年代にタイムスリップ、ストーリーの展開とともに、大稲埕ふ頭や台北大橋、台北公会堂、乾元参薬行、老綿成燈籠、台北霞海城隍廟の当時の姿が生き生きとよみがえり、食や文化など台北一の栄華を誇った大稲埕の一面がうかがえます。

いまの大稲埕は昔とはかなり変わっていますが、街のリズムに歴史の足あとが刻まれています。茶葉から漢方薬、香木、各地の食品や雑貨まで、迪化街に脈々と受け継がれた文化を街の空気からかぎ取ることができます。古い町が変わり続ける中、流れゆく時が大稲埕に独特の個性を添えています。どんな年齢の人も、ここでは自分なりの台北のイメージが見つかるのかも知れません。過去を振り返らず、ひたすら前に向かって全力で進み続ける夢多にとっては、大稲埕が象徴するものは初心です。

「戦うのは自分のため」

テコンドーを始めた中学の時から現役を引退する26歳まで、夢多は本名の「大谷主水」としてスポーツ界で青春を過ごしました。日本の代表選手として約10年間、数えきれないトロフィーに輝き、多くのアスリートと同じように、最高の舞台であるオリンピックを目指してきました。2001年にベトナムで行われたワールドカップでのことです。1回戦の対戦相手は4連覇中の韓国代表選手。自信たっぷりに挑んだ大谷は一瞬の隙をつかれ、相手の一撃が頭部に命中します。歯が上唇を突き破り、流血をおして最後まで戦いましたが、敗退して控室に下がると、血で日本の国旗が見えなくなった胴着をみて悔しくなります。「自分はいったい何をしてるんだろう?」

日本代表として栄誉を勝ち取るため、大谷主水は挫折しながらもさらに勝利を渇望します。アスリートの本能なのかも知れません。数カ月後に行われたオープントーナメントで台湾チームに出会います。「台湾の人はホントにうるさいんです(笑)。楽しそうに笑って楽しそうに遊ぶ、でも試合になるとどの選手もカッコイイ!」台湾のテコンドー選手は世界でもかなりのレベルで、大谷の憧れはシドニー五輪の銅メダリスト、黄志雄でした。アジア選手として足の挙げ方が特徴的な黄との縁から、体格や階級も同じくらいの大谷は台湾で学ぼうと考えました。翌年、台日双方のオリンピック委員会の手配で特別にビザが下り、正式に国立台湾体育運動大学で3年間トレーニングに励みます。

「しょっぱなから歯を折ってしまった台湾での選手生活」

中国語がひとこともできず、まだ周りのリズムもつかめない練習一日目、この九州男児は歯を折ってしまいます。チームメイトで、自身もテコンドーの名選手だった蘇麗文がバイクに夢多を載せて歯医者に行くと、医師はなんと費用を受け取らなかったそうです。周りについていくため休日返上で他人より練習を重ねました。ただ、安くて美味しい台湾の食べ物には勝てず、6キログラムも太ってしまいました。そして故郷の宮崎を思わせる素朴で温かい台湾の人々。

そんな中、2005年にマカオで行われた東アジア競技大会では70キロあった体重を58キロまで絞り、当時日本一だった選手に勝利し再び日本代表に選ばれます。北京オリンピックまであと一歩というそのとき、大谷は心身ともかつてないプレッシャーに見舞われました。「もう限界なのか?それとももっと強くなれるのか?」―アスリートとしてピークを迎えているはずなのに、自分を信じることができません。2006年の世界選手権では十字靱帯断裂に倒れ、突然選手生命を絶たれてしまいます。そして台湾に戻り、ゼロからのスタートを決意しました。

「人生二度目の挫折なんてまっぴら!」

まずはモデルとして入った芸能界ですが、思っていたほど簡単ではありませんでした。オーディションに落ち続け、家賃を払うのがやっとという時もありました。外国人ですから不法就労もできず、国父紀念館の公園で「物々交換」で武術を教えたこともあります。夢多は笑いながら「台湾の人によくすっぽかされましたよ!」と語ります。約束の時間の30分後になって休みますという連絡を受けることもあったそうです。ところが、ジミー・ハン(洪天祥)という恩人との出会いが転機となり、武術指導という裏方の仕事を得て、徐々に暮らしが安定していきました。

スタントマンの仕事は大変でした。たった数秒のために丸一日撮影したり、怪我をしたりするのは日常茶飯事。とは言え、人生には無駄な道のりはないものです。そこで裏方としてカット割りから編集、カメラワークまで今も役立っていることをたくさん学べたと言います。2014年、それまでバラエティはちょっと、と思っていた夢多は人気トーク番組「二分之一強」に出演します。外見はクールなのに三枚目のトークが注目を浴び、そこから大きく道が開けました。「もともと真面目に演技をやろうと思っていましたがもう30歳を超えていましたから失敗はできないと思ったんです」と率直に語る夢多はそこで知名度を上げ、いろんな仕事が入ってくるようになりました。アスリートの反射神経のよさにバラエティのセンスが光り、レポーターとして企画段階から旅番組にかかわるようになります。多くの人に認められ、故郷のみやざき大使にも就任しました。

いちばんのお気に入り、台北霞海城隍廟。香炉の火は絶えることなく、海外からもわざわ...
いちばんのお気に入り、台北霞海城隍廟。香炉の火は絶えることなく、海外からもわざわざ訪れる人が いるほど。「旅とはそういうもの。信仰がなくても心のよりどころがあっていいと思います」(写真/林俊耀)
分享

「落ち込んだときは大稲埕で

自分らしさを取り戻します」

大稲埕にはグルメ番組の取材でも訪れたことがあります。永楽市場前で50年になる老舗の屋台、名古屋日式銅鑼焼(どら焼き)を紹介しましたが、カスタード風味は子供のころを思い出させる味わいでした。新旧の味わいが入り混じる「烏魚子¥¤蓋烏龍茶」は、さわやかなウーロン茶の上に濃厚なミルクの泡、さらにたっぷりカラスミフレークを載せた組み合わせ。不思議と調和がとれ、単なるドリンクながらも大稲埕という土地の新しさを求める精神が表れています。

大稲埕のレトロな雰囲気と最先端のアートは海外からの観光客には特に異国情緒を感じさせるようです。でも夢多にとっては初心に立ち返らせてくれる場所です。「大稲埕は業界に入ったばかりの自分を思い出させてくれます。どんな小さな役でも、わずかな報酬でも、すべて全力で挑む、ここで自分に言い聞かせるのです」。いちばんのお気に入りは台北霞海城隍廟。50坪にもならない小さな廟には数十万人の祈りが届けられます。香炉の火は絶えることなく、海外からもわざわざここを訪れる人がいるほど。「旅とはそういうもの。信仰がなくても心のよりどころがあっていいと思います」

台湾での暮らしは10年を超えました。ゴミ袋を持って家を出て、煙草の吸殻などのポイ捨てに腹を立てながらもゴミを拾ったり、動物保護施設に保護された野良犬に会いに行ったりと、いずれも台北への愛の表れでしょう。台湾での永住権も取得し、ビザのために奔走する日々は過去の笑い話になりました。その目に映る台北はちょっとせっかちで、ちょっと混み合い、ちょっぴり物価が高い街ですが、ちょっと路地に入れば安くて美味しい地元ならではの美味しいものが見つかります。食べ歩き番組のレポーターとしていろんなものを味わってきた夢多にとって、「郷に入っては郷に従え」、これが台北の生活に溶け込むいちばんの秘訣です。

この10年を振り返ってみれば、2007年にはこのアスリートが人気芸能人として成功するとは誰も思っていなかったかも知れません。でも自分を信じる夢多は目標の実現を疑うことはありませんでした。2018年の現在、台湾テレビ界の最高の賞、金鐘奨(ゴールデン・ベル・アワード)に照準を定めています。たくさんの愛する仲間とファンに囲まれながらともに努力し、見定めた夢へとまっしぐらに進んで行くのみです。

夢多

本名は大谷主水(おおたにもんど)。日本の九州・宮崎県出身。17歳から26歳までテコンドーの日本代表を務める。2007年から「夢多(Mondo)」の芸名で台湾のテレビ界で活動している。広告、テレビ、映画、ラジオなどさまざまな媒体で活躍し、旅・グルメ番組のレポーターとして人気を集めている。2018年には出身地のみやざき大使に就任。

TAIPEI

《TAIPEI》英日文季刊每逢3、6、9、12月出刊,主要結合本府各局處推動政策,為旅居本市的外籍人士及前來本市的外籍觀光客提供有關臺北觀光旅遊、歷史文化、風土民情、社經發展等報導,是外籍朋友認識臺北市的窗口。

相關新聞

With a Thousand Years of Wisdom – Chinese Medicinal Herbs Turn Over a New Leaf

2018-12-10 11:18

An Exquisite World in Fabric and Embroidery – Fine Handcrafts Carry on the Glory of the Past

2018-12-10 11:18

Dadaocheng in the Eyes of Günter Whittome: A “Must-Visit” Tour Recommendation

2018-12-10 11:18

Enjoy Trendy Exotic Vegetarian Cuisine

2018-12-10 11:18

Herban Kitchen & Bar: A Western Vegetarian Oasis in Taipei

2018-12-10 11:18

Dadaocheng: Reminiscences of Beginnings – An Interview With Entertainer, Otani Mondo

2018-12-10 11:18

生薬・薬草に宿る千年の智慧─古の香りに新たな歴史の一頁

2018-12-10 11:18

布と刺繍が織りなす美しさ─往年の輝き受け継ぐ精緻な手作り品

2018-12-10 11:18

ギュンター・ウィットームの大稲埕─ 訪れるべき5つのおすすめスポット

2018-12-10 11:18

ベジ料理で楽しむ異国の味わい─最先端の菜食レストラン続々

2018-12-10 11:18

二本餐庁─洋風ベジタリアンのオアシス

2018-12-10 11:18

熱門文章

車險隨便買就好?少保這3種險 小心賠償壓垮你!

2019-04-08 13:27

記者實地演練 瞎掰的論文6天直送國際會議發表

2019-04-08 14:07

一入宮門深似海 雅子妃的美麗與哀愁

2019-04-08 14:49

調查報導/只要付錢 假論文也能登國際期刊?

2019-04-08 08:49

過度醫療:執行手術淪為醫師的高收入來源?

2019-04-09 14:35

各行「薪情」大公開 想拿高薪鎖定這些熱區

2019-04-09 15:59

一路摸索日皇定位 明仁追求和平貼近人民

2019-04-08 15:20

小學堂/日本買房超好賺?投資客全員逃走中

2019-04-08 12:14

當賴清德碰到韓國瑜 輸贏難定?

2019-04-08 09:35

房子住對了人就旺!3種旺運格局報你知

2019-04-08 12:19

《遠見》專訪賴清德:我要打第一場台灣典範級總統初選

2019-04-08 09:33

獲利看得到不一定吃得到 顧立雄幫壽險公司說出的大實話

2019-04-08 08:51

劣質出版商「奧步」全揭露!學者自保靠這4招

2019-04-08 08:44

找電信專業經理人 就是等死?「門外漢」林之晨pk「老將」井琪

2019-04-08 08:47

韓國瑜:上任兩個多月來 感覺好像過了20年

2019-04-08 09:19

揭開神祕「掃樓」大戶 20年暴富傳奇

2019-04-08 08:47

香港人瘋台灣 成移民新熱點

2019-04-08 15:22

加拿大視移民為生力軍 優渥福利協助上軌道

2019-04-08 15:20

時隔202年日皇生前退位 德仁繼位開啟新時代

2019-04-08 14:47

中美貿易戰惡鬥一年 川普到底是如何完勝習近平?

2019-04-10 13:30

陸客大減、旅館住用率剩6成 房產大亨受不了喊賣

2019-04-10 13:27

這個反問 讓她職位三級跳

2019-04-09 15:59

台、星FinTech同時起跑 新加坡憑什麼衝上世界第一?

2019-04-08 09:36

台南/南科加溫房市 永康房地價穩量增

2019-04-08 12:04

新世代最嚮往企業:誠品二度奪冠 逾半新鮮人第一份工作不打算做超過2年

2019-04-09 15:59

連陽明山別墅都求售 這些年黎智英在台灣賣了多少棟樓?

2019-04-10 14:04

台北/1人享3坪綠地 民生社區坐擁特色環境

2019-04-08 11:42

直擊電子菸銷售大本營 深圳產量冠全球

2019-04-08 08:48

可怕記憶揮之不去?科學家發現大腦中導致恐懼記憶重現的關鍵神經元

2019-04-09 07:24

房貸族注意!踩到這5大地雷就享受不到報稅優惠

2019-04-10 13:28

把「沒定性」變優勢 愈跳槽薪水愈高

2019-04-09 15:59

打破節儉習性 日本35歲以下年輕人消費復甦

2019-04-10 13:26

山陰小京都 島根縣.津和野的幽靜散策

2019-04-09 07:27

現撈活龍蝦、肥美馬蹄蛤 這家火鍋海鮮必收!

2019-04-08 12:17

走過八年歐債危機 歐洲大亂後能否穩健復甦?

2019-04-08 09:37

小心補稅遭罰!今年報稅6大錯誤 你應該避開

2019-04-10 14:35

6個新興崛起成長工作

2019-04-09 15:59

研究:青春期及成年早期重度飲酒 會影響大腦生長速度

2019-04-09 13:16

謝金河×野島剛對談:我看到的邱永漢 》從政治通緝犯變成賺錢之神

2019-04-08 08:51

回歸天性 拒絕揠苗助長 侯佩岑有機教養哲學

2019-04-10 12:11

商品推薦

贊助廣告

商品推薦

留言


Top