快訊

糗!昶派另組綠營側翼訊息走漏 原因竟和黃捷有關

健保費蠢蠢欲動 成為壓垮陳時中的稻草?

Love Kaohsiung, Kaohsiung City Government's bimonthly English magazine, introduces the city's major public construction projects, economic development, tourism information, art exhibitions, agricultural products and diverse cuisines. As the City of Kaohsiung continually evolves, Love Kaohsiung hopes to introduce the prevailing topics and ideas in town. When visiting Kaohsiung, travelers will meet lavish hospitality, the core essence of Kaohsiung and enticing them to come back.

Love Kaohsiung

追蹤
Love Kaohsiung, Kaohsiung City Government's bimonthly English magazine, introduces the city's major public construction projects, economic development, tourism information, art exhibitions, agricultural products and diverse cuisines. As the City of Kaohsiung continually evolves, Love Kaohsiung hopes to introduce the prevailing topics and ideas in town. When visiting Kaohsiung, travelers will meet lavish hospitality, the core essence of Kaohsiung and enticing them to come back.
61篇文章

最新文章

最多瀏覽

獅山胡椒園

 六亀区新発里にある獅山胡椒園は、台湾で唯一の胡椒農場である。この農場は「胡椒おじさん」の愛称を持つ陳振山によって創立され、1973年、屏東東農専(現在の屏東科技大学)と共同で台湾原産の胡椒を生み出した。農場は現在約1.45ヘクタールの栽培面積を持ち、二代目の陳裕隆に引き継がれている。

117 雜誌

天池―海抜2,280メートルの風景

 桃源区に入ると、高く連なる山々が見えてくる。道中、いくつかの吊り橋を通り過ぎる。目に入る風景はまるで桃源郷のように美しい。旅人を引きつけてやまない、原住民の集落を訪ねた。

93 雜誌

桃源区宝山集落 茶園での茶席体験

 桃源区の寶山(宝山)は海抜1,300メートルから1,500メートルの場所に位置している。年平均気温は18度から24度だ。焼けつくような暑さの夏でも涼しく、気持ちよく過ごせることから、台湾でも屈指の避暑地となっている。また、宝山と聞いて多くの人がイメージするのは、桜だ。さらに、宝山はキャンプ場としても人気がある。それだけではなく、最近は茶畑での茶席体験や遊歩道なども評判になっている。

59 雜誌

蚵仔寮小漁村

 梓官区にある蚵仔寮漁港は、台湾で最も海岸線から近い場所にあり、かつ最も人口の多い漁村集落である。蚵仔寮の漁船は、沿海と近海で漁業を行う。朝方3時から4時に海に出て、正午前、蚵仔寮魚市場での時間に間に合うように帰ってくる。蚵仔寮魚市場は高雄市最大の獲れたての鮮魚を扱う市場だ。漁港の年売買高は4,000トンに達する。毎年冬にボラが増えるが、それ以外にもシラス、サバ、アジ、タチウオ、イカなど、蚵仔寮漁港で獲れる魚の種類は多い。

104 雜誌

Kezihliao Fishing Village

 Zihguan District's Kezihliao Fishing Port is situated in a densely populated area. Local fishermen leave before 4 a.m. every day to go out fishing and return around noon. When they return, they take their catch to Kezihliao Seafood Auction. The Kezihliao fish market is Taiwan's biggest auction site. Annually, they sell 4,000 metric tons of fish and other seafood. Common catches include mullet, whitebait, mackerel, Japanese horse mackerel, hair-tail and squid.

36 雜誌

Ciaojiang Clogs

 Ciaojiang Clogs is Kaohsiung's only clogs shop. Mr. Yuan Yong-jyun, founder and clog artisan, launched this business around twenty years ago. At first, he sold his wooden clogs from a street stall.

14 雜誌

Shihshan Pepper Plantation

 Shihshan Pepper Plantation, which covers 1.45 hectares of land in Liouguei District's Sinfa Village, is the only pepper plantation in Taiwan. Founder Mr. Chen Jhen-shan has been dubbed “Uncle Pepper.”

15 雜誌

Taoyuan District's Scenic Areas

 Taoyuan is Kaohsiung's most northern district. It has a spectacular mountainous landscape and rich indigenous culture. Two thirds of the district is situated from 1,000 to 3,000 meters above sea level.

15 雜誌

Baoshan Village Lures Visitors with Tea Tasting Experiences

 Baoshan Village, in a mountainous part of Kaohsiung City's Taoyuan District, is located 1,300 to 1,500 meters above sea level. The village's average temperature is between 18°C to 24°C. During the summer, when the lowlands are sizzling, Baoshan remains cool and comfortable, making it an attractive travel destination.

8 雜誌

Introducing Hamasen Coffee Shop

 The long-awaited Hamasen Coffee Shop opened to public this January. It is housed in what used to be Sanwa Bank's Kaohsiung branch. This building, which dates from the 1895-1945 period of Japanese colonial rule, was located on Hamasen's First Financial Street (now known as Linhai 1st Road).

68 雜誌

Cianjhen Fishing Port

 Taiwan is considered a reliable international fishing partner, while Taiwan's fishing vessels span three continents. Taiwan is one of the world's top three tuna, squid and saury producers. Although, Cianjhen Fishing Port is not a tourist fishing market, it is Taiwan's most important fishing port.

54 雜誌

美濃野蓮

 美濃の景観はよく知られている。赤瓦の三合院が山に囲まれ、もやに包まれた様子は、まるで水墨画のような美しさがある。訪れた旅人も思わず帰るのを忘れてしまうほどだ。そんな美しい美濃を訪れたら、必ず食べてほしいものが、野蓮(タイワンガガブタ)だ。

142 雜誌

岡山醒村

 「醒村」は、高雄市岡山区にある旧眷村*だ。日本統治時代、醒村は日本軍のパイロットの宿舎であった。日本の統治が終わり、国民政府の手に渡ってからは、空軍の居住区となった。醒村はかつて、岡山区で最も重要な居住区であったが、住民たちが去ってからは、廃墟のように荒れ果ててしまっていた。忘れ去られた醒村の転機は、2015年に放映された台湾ドラマ『一把青』で、ロケ地として使用されたことである。醒村の建築は日本式とバロック式が融合されたもので、正面のアーチの回廊と二階建ての洋風建築に特色があるが、これが美術スタッフの手によりうまく再現された。ドラマが放映されてからというもの、長い間ひっそりとしていた醒村は人気スポットになり、賑わいが戻った。

110 雜誌

新濱・駅前 銀行百年の歴史的空間で飲む一杯のコーヒー

 今年1月にオープンした「新濱・駅前」喫茶店。もともとは、日本統治時代に建てられた旧三和銀行高雄支店だった。窓口や金庫など、銀行ならではのものをうまく活用し、普通の喫茶店にはない特別感を演出している。「新濱・駅前」喫茶店から、かつて金融街として賑わった哈瑪星(はません)エリアに思いを馳せてみよう。

102 雜誌

前鎮漁港 早朝限定の魚市場の風景

 午前三時、暗闇のなか、路上はシンと静まりかえっている。だが前鎮魚市場に足を一歩踏み入れれば、明々とともる照明のもと、早くから人混みが川を為している。人々の喧騒に機械の音が入り混じり、誰もが商売に忙しい。活気に満ちた朝の空気は、それを見る者にも伝染するような勢いがある。

62 雜誌

Meinong's Wild Lotus

 Meinong District is a charming countryside Hakka township. Its vibrant Hakka culture and picturesque mountainous landscape make it a fascinating destination for travelers. There are many interesting aspects of Hakka culture that can be experienced, such as taking a tour of the red-brick sanhe yuans

29 雜誌

Longguo Embroidery Workshop

 Longguo Embroidery Workshop is the only embroidery business in Kaohsiung that specializes in traditional handmade religious items. Mr. Chen Hai-cing established the shop 55 years ago, and he has passed the torch to his son, Mr. Chen Zong-sheng. Mr. Chen Hai-cing's embroidery skills belong to the Min school of Chinese embroidery, which was brought to Taiwan by early migrants from China's Fujian Province. Min-style embroidery is noted for its extravagance.

14 雜誌

Sing Village: Reviving a Cultural Landscape

 Sing Village, a military dependents' village in Kaohsiung's Gangshan District, has been recognized as a Cultural Landscape by Kaohsiung City Government's Bureau of Cultural Affairs.  During the period of Japanese colonial rule, the village was a dormitory for air force pilots. When the ROC Government took control of Taiwan, it continued to house air force personnel. Back then, Sing Village was the most sophisticated military dependents' community in Gangshan District.

21 雜誌

香茗茶行―お茶の香りにさそわれて

 香茗茶行(シャンミンチャシン)は1946年創業の茶屋だ。3代目店主の廖聖中さんの祖父・廖萬和さんは、たった一人で店を立ち上げた。当時は自転車に乗って商品を運び、一週間もの旅になることもあったという。店のロゴにデザインされた自転車には、そうやって経営に奮闘した初代店主への思いが込められている

38 雜誌

弥陀区で楽しむ自然とグルメ

 海に面した彌陀區(弥陀区)は、その面積の三分の一にあたるおよそ600ヘクタールが養殖池に占められている。そこで養殖量が最も多いのが虱目魚(サバヒー)だ。弥陀区は「サバヒーの故郷」として知られており、様々なサバヒー料理が生まれている。サバヒーのつみれはその中でも、弥陀区を代表するグルメの一つであり、お土産としても人気がある。興義魚丸店(「魚丸」は魚のつみれという意味)は40年以上続く老舗で、数あるサバヒーつみれ店の中でもリーダー的な存在だ。正午になると賑わうこの店の新鮮で弾力のあるつみれは、お客さんに絶賛されている

15 雜誌